ウェディングベールの選び方講座【ベールの長さの決め方】

ショート丈ベールの長さについて

ショートベールの良さは、軽やかで動きやすい事。アクセサリー感覚で付けて頂くものですので特に長さにこだわられる必要はありません。

ご自身で鏡に映してバランスがいい、と思われたらそれで大丈夫です。

てくまりんぼでは身長160センチ前後の方が付けられた場合、ベールはウエスト位置に来る設定でお作りしています。

ショートベール

ショートベール

このモデルさんの身長は164cmです。ウエストより少し上になっていますね。もう少し身長の低い方ですとほぼウエスト位の位置になると思います。

ミドル丈ベールの長さについて

ショート丈ベールに比べるとミドル丈ベールはエレガントな感じがします。

動きやすい方がいいけれど、カジュアルな感じにしたくない場合にお勧めするベールです。

てくまりんぼでは身長160センチ前後の方が付けられた場合、ベールはヒップの一番高い位置に来る設定でお作りしています。

ミドル丈ベール

ミドル丈ベール

 

ロングベール・ロングマリアベールの長さの決め方

フェイスアップベールはコームの位置から前をフロント、後ろをバックと呼んでいます。ロングベールのフロントは70センチでバックは250センチと300センチがございます。

フェイスアップベールの長さ

フェイスアップベールの長さ

 

ロングベール・ロングマリアベールの長さを決める時の目安として、ドレスの後ろ裾より30センチ以上ベールが長いほうがトータル的に美しいバランスです。30センチより長い分には問題ありません。(画像のベールはドレスの裾から60センチほど長いです)

既成サイズのベールで長さが足りている場合は特に問題ありませんが、下の項目をお読み頂いて長さが既成では足りないと思われたらお気軽にご相談下さいね。

ロングマリアベールの長さの決め方ロングベールの長さを決める際の注意点

ドレスの裾より30cm以上長く、と申し上げたのには理由があります。たとえばドレスの裾から10cm程度長いベールにされるとどうなるでしょう。

ドレスの素材とベールの生地を比べると圧倒的にベールの方が軽いです。軽い分、花嫁様が前に動いた場合、ドレスの裾より先にベールの裾が前に進もうとします。結果、ドレスの裾よりベールの裾が簡単に短くなってしまいます。

30センチ以上あれば多少ベールが前に行ってもドレスより短くなる心配は少ないと思います。

ロングベールの長さを決める計算式

ロングベールのバックの長さを決める際に目安にして頂ける簡単な計算式があります。

◎貴女の身長+ヒールの高さ+ドレスの裾が床に付いている長さ+30センチ=最低必要なロングベールの長さ

マリアベールの場合は頭のトップからおでこにかかる部分の長さがさらに必要ですので上記の計算式からさらに15センチほど長く見てください。

◎貴女の身長+ヒールの高さ+ドレスの裾が床に付いている長さ+45センチ=最低必要なロングマリアベールの長さ

※最近の傾向として、うんと後ろの位置にベールを付ける場合もあります。大人っぽい感じになって素敵です。その場合は上記の計算式よりマイナス10センチ位でお考えください。

その代わりにフロントの長さが不足して来ます。通常70センチのフロントですが、10センチ位プラスして80センチの仕上がりにされるとちょうど良いと思います。

 

 貴女のドレスに合うベールのご相談に乗ります!

てく・まりんぼでは、皆様のベールのご相談を歓迎しています。

お客様の ウエディングドレス に合うベールを親身になってご提案させて頂きます。 ウエディングベール のオーダー・サイズオーダーも承っております。

ベールのご試着サービスもございます。

お問合せフォームからの他、メール・お電話でもご相談を承っております。

お問合せメールアドレス:marinbo@marinbo.com お電話:072-857-8750

みなさまからのご連絡をお待ちしています!

howto-01-3

電話受付スマートフォンからてくまりんぼに電話をかける

ウェディングドレス工房てくまりんぼ オンラインショップはこちらから 

ベール選び方バナー

ページ上部へ戻る